Wku

サブウーファーを埋める方法

サブウーファーをブリッジングモノ(またはシングルチャンネル)アンプへの配線、複数のサブウーファーのための素晴らしいオプションです。 架橋は、各スピーカに送られる電力を増加させるために、複数のチャンネルのアンプを使用することができる。 不適切な設定が厳しく機器を損傷する可能性がありますので、適切にサブウーファーをブリッジする方法を学ぶことは、インストールを開始する前に、重要です。

ステップ

サブウーファーを埋める方法. あなたが安全にアンプとサブウーファーを埋めることができるかどうかを確認します.
サブウーファーを埋める方法. あなたが安全にアンプとサブウーファーを埋めることができるかどうかを確認します.
  1. 1
    あなたが安全にアンプとサブウーファーを埋めることができるかどうかを確認します 。 安全上の問題は、ここで、インピーダンス、または抵抗の問題です。 あなたが橋渡​​ししたい2サブウーファーのためのインピーダンスを半分にすることから始めます。 あなたのサブウーファーのそれぞれが4オームで定格されている場合たとえば、その後、彼らは唯一の2オーム時ブリッジのインピーダンスを提供するでしょう。 あなたのアンプは2オームの定格されていない場合、それは、このセットアップを使用しても安全ではなく、あなたのアンプは、それが可能であり、すぐにオーバーヒートするよりもはるかに多くの電力を送信しようとします。
  2. 2
    必要なワイヤーを組み立てます 。 シングルチャンネルのアンプを使用してブリッジ2 SVC(シングルボイスコイル)サブウーファーには、プラス(赤)のステレオワイヤーとマイナス(黒)のステレオワイヤーの2の長さの2の長さが必要になります。
  3. 3
    最初のサブウーファーにアンプを配線 。 通常どおりアンプのプラス端子からスピーカーにプラス端子に赤い線を実行することによって始めて、最初のスピーカーを配線します。 その後、アンプのマイナス端子からスピーカーにマイナス端子に黒い線を実行します。
  4. 4
    最初のサブウーファーの2番目のサブウーファーを配線 。 最初に第2のスピーカを埋めるために、両方のスピーカーにプラス端子とマイナス端子間の黒い線と赤い線を実行します。 それはアンプと第2のスピーカの両方に配線されているため、これをやった後、最初のサブウーファーは、2線とその端子の両方を共有されるべきである。 サブウーファーは現在、ブリッジングされます。

モノラルアンプを使用してブリッジ2 DVCサブウーファー

  1. 1
    必要なワイヤーを組み立てます 。 DVC(デュアルボイスコイル)サブウーファーは、端末それぞれの2ペアを持っている、ので、配線がSVCセットアップよりも少し複雑です。 ただブリッジングに使用されることを、2正2負、および2:あなたはステレオワイヤーの長さは6が必要になります。
  2. 2
    最初のサブウーファーにアンプを配線 。 アンプの正端子からスピーカーに第1の正端子に赤線を実行することによって開始します。 アンプの負端子からスピーカーに第2の負端子に黒い線を実行します。
  3. 3
    最初のサブウーファーの2番目のサブウーファーを配線 。 各スピーカーの最初の正の端子間の赤い線を実行します。 各スピーカーの2番目の負の端子間の黒い線を実行します。 最初のサブウーファーは現在、アンプと第二サブウーファーの両方でその端子の2を共有すべきである。
  4. 4
    自身とそれぞれのサブウーファーを埋める 。 最初の負の端子と第2の正端子:この時点で、それぞれのサブウーファーは、2未使用の端子を持っている必要があります。 各スピーカーには、これらの端子を接続するステレオワイヤーの短い長さを使用しています。 サブウーファーは現在、ブリッジングされます。

これは、何が必要です

  • 2サブウーファー
  • モノラルアンプ
  • ステレオワイヤー