Wku

既存のWindowsインストールでATI SB600 SATAコントローラのAHCIサポートをインストールする方法

SATAは、コンピュータシステムやハードディスクドライブ、CDやDVDドライブなどの間の通信のための新しい規格であり、より低速なIDE規格に置き換えられます。 AHCIモード、または "本当の" SATAモード、SATAバス上のIDEエミュレーションの形式を:しかし、多くの人々は、SATAが2つのフレーバーがあることに気づいていません。 Windows XPはAHCIをネイティブでサポートしていない。 AHCIモードは、BIOSから有効になっている場合、Windows XP Professionalのx64のCD実際にブルースクリーンを起動する。

それが無効になっているので全くAHCIサポートは、検出されていないため - AHCIがBIOSで無効になっている場合、Windowsは起動するとすぐに、彼らは失敗したあなたのチップセット用のAHCIドライバをインストールしようとするだけで正常に動作しますが、。 それはAHCIドライバを持っていないので、それはもはや、そのインストールパーティションから読み取ることができないので、再起動してBIOSでAHCIサポートを有効にすると、Windowsがブートプロセスの早い段階で死ぬ。

醜いと不幸な真実:適切に多くのチップセット用のAHCIサポートをインストールする唯一の方法は、レジストリの編集が含まれます。 実際には、あなたがドライバを正しくインストールすることができますようにロードするには、Windows用のドライバのhackjob一時的な手動インストールをやっている。

注:これらの手順は、おそらくXPとVista用の正しいです。 ただし、Windows 7のために少なくともx64の勝利7のために、別の方法があるように表示されます。 Windows 7でここで説明され、この方法を使用する場合の問題は、AMDは、Windows 7の下でSB600チップ用ahcix64.sysドライバを作成しないことです。 彼らはamdsata.sys呼ばれる、AHCIドライバを作るのではなく、そのドライバ、単純な手順工事のため、この手順を適応させるよりも、ない。 このチップ上のWindows 7のインストール用に別のページが必要である。

ステップ

既存のWindowsインストールでATI SB600 SATAコントローラのAHCIサポートをインストールする方法. あなたの重要なデータ、特にあなたのレジストリをバックアップします.
既存のWindowsインストールでATI SB600 SATAコントローラのAHCIサポートをインストールする方法. あなたの重要なデータ、特にあなたのレジストリをバックアップします.
  1. 1
    あなたの重要なデータ、特にあなたのレジストリをバックアップします 。 それを行うにはそこにプログラムがたくさんあり​​ます。 うまくいけば、あなたのバックアップを使用する必要はありませんし、手続きはかなり安全ですが、自分はとにかく警告を検討してください。
  2. 2
    AHCIがBIOSで無効になっていることを確認してください 。 それが有効になっているし、Windowsを起動できる場合は、このチュートリアルを必要としません。
  3. 3
    ここからm3a/ati SB600用のドライバをダウンロードhttp://support.asus.com/download/download.aspx?SLanguage=en-us&model=M3A
  4. 4
    zipファイルを解凍します
  5. 5
    適切にコピー SYS(私の場合、ahcix64.sys)へC:\ WINDOWS \ SYSTEM32 \ DRIVERS \。
  6. 6
    、次のテキストをコピーしてメモ帳に貼り付け、regファイル(例えば、ahci.reg) に保存します
    Windows Registry Editor Version 5.00
[ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\ControlSet001\Control\CriticalDeviceDatabase\pci#ven_1002&dev_4380&subsys_82311043 ] "Service" = "ahcix64" "ClassGUID" = " { 4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318 } " [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64 ] "Type" = dword:00000001 "Start" = dword:00000000 "Group" = "SCSI miniport" "ErrorControl" = dword:00000001 "ImagePath" = "system32\\drivers\\ahcix64.sys" "tag" = dword:00000019 "DisplayName" = "ATI AHCI Compatible RAID Controller" [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Parameters\PnpInterface ] "5" = dword:0x00000001 [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Settings\CAM ] "EnableALPEDisableHotplug" = dword:0 "EnableCCC" = dword:1 "CCCTimeoutValue" = dword:10 "CCCCompletionValue" = dword:32 "NCQEnableDiskIDBits" = dword:0 "EnableHIPM" = dword:0 "EnableDIPM" = dword:0 [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Enum ] "0" = "PCI\\VEN_1002&DEV_4380&SUBSYS_82311043\\3&13c0b0c5&0&FA" "Count" = dword:00000001 "NextInstance" = dword:00000001
[ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\ControlSet001\Control\CriticalDeviceDatabase\pci#ven_1002&dev_4380&subsys_82311043 ] "Service" = "ahcix64" "ClassGUID" = " { 4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318 } " [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64 ] "Type" = dword:00000001 "Start" = dword:00000000 "Group" = "SCSI miniport" "ErrorControl" = dword:00000001 "ImagePath" = "system32\\drivers\\ahcix64.sys" "tag" = dword:00000019 "DisplayName" = "ATI AHCI Compatible RAID Controller" [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Parameters\PnpInterface ] "5" = dword:0x00000001 [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Settings\CAM ] "EnableALPEDisableHotplug" = dword:0 "EnableCCC" = dword:1 "CCCTimeoutValue" = dword:10 "CCCCompletionValue" = dword:32 "NCQEnableDiskIDBits" = dword:0 "EnableHIPM" = dword:0 "EnableDIPM" = dword:0 [ HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ahcix64\Enum ] "0" = "PCI\\VEN_1002&DEV_4380&SUBSYS_82311043\\3&13c0b0c5&0&FA" "Count" = dword:00000001 "NextInstance" = dword:00000001 


  1. 1
    、便利なLinuxベースのライブCD(またはより良い、のlinuxとのデュアルブート)をダウンロードし、それを起動して、の効果に何かを実行する
    sudo lspci -vvnn | lessデバイス、サブシステム番号が正しいことを確認する 。 これは、非常に詳細に、あなたのPCIデバイスとそのすべてのプロパティを一覧表示されます。 詳しくはAHCIコントローラはどこかになり、そのサブシステムおよびデバイス番号が表示されます。 必要に応じてレジストリファイルを編集します。
  2. 2
    あなたのレジストリにそのエントリを追加するために、レジストリファイルをダブルクリックします
    • レジストリを変更したら、次の起動時にこれを行う必要があります。そうしないと、それはあなたの変更は失 ​​われ、再度regファイルをインストールする必要があります可能性があります。 再起動して、BIOSに入り、AHCIを有効にしてください。 そして、目を細め、祈る、およびWindowsブートしてみましょう。
  3. 3
    Windowsのブルースクリーン、再起動して、システムと、BIOSでAHCIを無効にします 。 それが失敗しない場合は、レジストリファイルを少し調整して、もう一度試してください。
  4. 4
    ドライバジップからasussetup exeファイル(等)を実行することによって真のインストールでドライバの"インストール"の醜いhackjobを交換してください 。 と公式のドライバがコンピュータにインストールしましょう​​。
  5. 5
    ドライバを有効にするために、コンピュータを再起動します

ヒント

  • 私は、Windows XP Professional(32ビット)用の* 86と* 64のすべてのインスタンスを置き換え、同じ手順で成功を確認した。
  • レジストリに行くと "1"にEnableHIPMとEnableDIPMを設定してみてください。 HIPMとDIPMは、それぞれのホストが開始する電源管理とデバイスが開始する電源管理のために立っている。 このSATAコントローラは、ラップトップにある場合は、スリープモードの消費電力や動作を改善するかもしれない。
  • MSI KA790GXにSB700で問題なく動作しました唯一のことは、Linuxは逆の順序でサブシステムが表示されないことです。 地雷は、LinuxおよびREGFILE内のサブシステム1462:7510として示されたようにそれは75101462でなければなりません。
  • あなたは、二重のドライバパッケージであることTXTSETUP.OEMファイル内の正しい組み合わせを確認できます。 鉱山は、次のように記載されていた:
  • ID = "PCI \ VEN_1002&DEV_4391&SUBSYS_75011462"、 "ahcix86"
  • 私はマッチした後にのみVEN DEVとSUBSYS番号は、Windows XPが起動した。 私は正確に4回再試行する必要がありました。 そのまま最初に私はただREGを挿入した。 第2回私は私がTXTSETUP.OEMを読んで、Linuxの出力にマッチ私のサブシステムを発見したのではなく、サブシステムを修正しますが、誤った順序でそれを持っていた第3、PCI IDを修正しました。 どうも有難う。

警告

  • 免責事項として、これは、Windows XP Professionalのx64エディションのAsus M3AマザーボードとSATA / AHCI対応のハードドライブに試みられている。 ありがたいことに、それは最初の時間を働いていた。 これはあなたの設定が異なる場合は、それが機能することははるかに少ない、全く動作しないという保証はありません。